Documentizer(PDF/Excel帳票) よくある質問

OPROARTS Documentizer Excel帳票とViewFramerに関するよくあるご質問にお答えします。
こちらに書かれていないもので気になった点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Documentizer よくある質問

  • 対応しているExcelのバージョンを教えてください。

    Excel 2007以降のバージョンで作成できる、拡張子 xlsx,xlsm,xltx,xltm のファイルに対応しています。

  • 既存のExcelシートは使えますか?

    使えます。マクロや数式、書式設定などもそのまま活用することが可能です。

  • 具体的に、利用手順はどのようになりますか?

    例えばSalesforce連携の場合は以下のような手順になります。
    1. Excelで作成した帳票ファイルをOPROARTSにアップロード
    2. Live(デザインツール)上で、レイアウトの定義(動的項目やヘッダ/フッタなどの指定)
    3. マッピング(Salesforce上の項目との紐づけ)
    Salesforce以外の連携であっても「アップロード」→「レイアウトの定義」→「マッピング」 という大まかな流れは変わりません。

  • どのような帳票を作成できますか?

    見積書や請求書などの明細や改ページがある帳票はもちろん、複雑な管理帳票やグラフ 入りの帳票も作成できます。シート内のマクロや数式も失うことなく、そのままご利用いただけます。

ViewFramer よくある質問

  • 追加料金はいらないって本当ですか?

    はい、OPROARTS Prime のバージョンアップによる機能追加で、追加料金は発生しません。

  • オブジェクトをまたいだデータを使ったレポートや帳票を簡単に作れますか?

    はい、これまで非常に手間のかかった、オブジェクトをまたいだレポート作成も簡単に作ることができるようになります。

  • Excel帳票にもマッピングできますか?

    はい、PDFはもちろん、Excel帳票やVisualforce PDFへのマッピングも簡単にできます。

  • Salesforceオブジェクトだけでなく、kintoneアプリにも対応していますか?

    はい、Salesforceだけでなく、kintoneにも対応していますのでご安心ください。

PAGE TOP